• TOP >
  • NEWS >
  • フィンランド・東フィンランド大学とダブルディグリー・プログラム協定が締結されました。

豊橋技術科学大学

フィンランド・東フィンランド大学とダブルディグリー・プログラム協定が締結されました。

2018.01.12

豊橋技術科学大学大学院工学研究科博士前期課程情報・知能工学専攻と東フィンランド大学大学院修士課程School of Computing, Information Technology分野との間で、ダブルディグリー・プログラム協定を締結しました。

ダブルディグリー・プログラムは、本学大学院の博士前期課程及び東フィンランド大学の修士課程に入学し、それぞれの大学にて1年以上の教育・研究指導を受け、それぞれの修了要件を満たすと、両大学院の学位を取得できるプログラムです。最短2年の修学で2大学の学位を取得することができます。本プログラムは、高度な専門知識を身に付けるとともに、グローバルな視点で世界で活躍できる人材の育成を目指します。平成30年9月に東フィンランド大学にて入学する学生からプログラムを開始します。

東フィンランド大学はフィンランド国内に限らず、世界的にその高い技術力、教育内容が評価されており、特に、光学(色彩科学・工学)に関しては、分光計測技術のレベルが極めて高く、欧州における色彩計測に関する標準機関として認知されています。また、他の工学分野の産業応用に関しても、世界トップクラスの実力を有している大学です。

本学と東フィンランド大学は2002年に初めて大学間交流協定を締結し、以降、学生・教職員の交流を積極的に行ってきました。本協定の締結により、今後の学生交流の益々の発展が期待されます。