• TOP >
  • NEWS >
  • 国際地域学科必修科目「海外英語実習」のアジアでの実習が終わりました

東洋大学

国際地域学科必修科目「海外英語実習」のアジアでの実習が終わりました

2018.02.13

国際地域学科必修科目「海外英語実習」のアジアでの実習が終わりました

 

国際地域学科では、必修科目「海外英語実習」を新規開講しました。初めての実施でしたが、アジアでの実習を全員順調に終えました。
この実習では「国内外の地域づくり」に求められる実用的な英語力の習得を目的として、5週間・110時間超の集中学習を行います。IELTSで0.5ポイント(TOEICで約100点)のレベルアップが目標です。また机上の学習だけでなく、学んだことをすぐに実践の場で使って身につけることを重視し、海外という異文化環境での実習を実施しています。本年度の実施校はマラ工科大学(マレーシア)、マレーシア科学大学、サンカルロス大学(フィリピン)、カーティン大学(オーストラリア)の4大学です。
本年度にマレーシアとフィリピンで実施した実習に参加した3人の学生(1年生)に、現地で苦労したこと、実習を経て自分のなかで成長したと思うこと、思い出エピソードを聞きました。
学生のエピソードは本学ホームページをご覧ください。