• TOP >
  • NEWS >
  • 〔ランゲージセンター〕2017年度秋学期の活動報告

東洋大学

〔ランゲージセンター〕2017年度秋学期の活動報告

2018.03.29

2017年度秋学期の活動報告

 

各講座の概要はこちら

◆コンファレンスライティング

  •  開講日: 2017年10月13日~1月22日
  •  開講場所: 白山・川越・朝霞・板倉キャンパス
  •  受講者数: 75名

◆スペシャルアカデミックライティング

  •  開講日: 2017年10月13日~1月22日
  •  開講場所: 白山・川越・朝霞・板倉キャンパス
  •  受講者数: 36名

 

 

【担当講師からのメッセージ】

Yet another semester has come and gone at the Language Center.

During fall semester, students took the usual classes of Conference Writing (CW) and Special Academic Writing (SAW) as well as came for short 30 minute consultation sessions through Writing Consulting.

In addition to these regular courses, students also attended our Special Programs. Aside from the regular programs listed on the website, students were also able to participate in a Summary-Writing Workshop to help prepare them to write abstracts for their graduation theses and the Modern Orientation to Real English (M.O.R.E.) program, in which students read articles, discussed them, and wrote journals on them. With such a plethora of options to choose from, students were able to get the assistance they needed to reach their own personal goals.

Nathalie Ferare (Language Center Instructor)


【担当講師からのメッセージ】

ランゲージセンターでは、また1つの学期を終え、新たな学期が始まろうとしています。

2017年秋学期の期間中は、Conference Writing(CW)・Special Academic Writing(SAW)の通常プログラムやライティング相談を受け付け、多くの学生が活用していました。

また、webページに記載している通常プログラムに加えて、ランゲージセンターでは、特別プログラムも開講しました。

留学に参加する学生向けの留学出発前ワークショップ(Pre Departure Workshop)、卒業論文の要旨を英語で書くためのワークショップ(Summary-Writing Workshop)や長期休暇中に新聞記事・論文を読みディスカッションを行いながら書く力を養うM.O.R.E.(Modern Orientation to Real English)などを開講し、多くの学生が参加しました。

学生は多くの選択肢の中から自分に合うプログラムを受講し、自らの目標を達成するための支援をランゲージセンターで受けることが出来ました。

ナタリー・フェラール(ランゲージセンター講師)