• TOP >
  • NEWS >
  • 横浜市立南高校向けの異文化コミュニケーション研修を実施しました

国際大学

横浜市立南高校向けの異文化コミュニケーション研修を実施しました

2018.11.08

2018年11月3日(土)、4日(日)に文部科学省スーパーグローバルハイスクールの指定校である横浜市立南高等学校の生徒25名を本学キャンパスに迎え、2日間全編英語による異文化コミュニケーション研修を行いました。本研修には本学の留学生計13名がファシリテーターとして加わり、日本を含め12の国が混在するまさに文化的多様性の空間での研修となりました。

167.JPGのサムネイル画像unnamed.jpgのサムネイル画像








1日目は、異文化理解(Cross Cultural Understanding)をテーマに国際大学国際経営学研究科Mohammed K. Ahmed特任教授による講義が行われました。文化が異なるということはどういうことなのか、人々は異なるものをどのようにして捉えているのか、それが与える影響とは何かなどを学び、ファシリテーターを交えたグループディスカッションを通して考察・理解を深めました。

1日目の講義終了後、IUJ学生の案内でキャンパスツアーが行われ、豊かな自然に囲まれた本学キャンパスの施設や学習環境を見学しました。

245.JPGのサムネイル画像360.JPGのサムネイル画像

2日目は、社会化(Socializing)をテーマに国際大学言語教育研究センターMichael Mondejar助教による講義が行われ、質問をする力、会話を活発に持続させる力、話を聴く力などを高めるレッスンが行われました。3分や5分と、与えられた時間でタスクを達成する活動では、時間いっぱいに会話が弾み、非常に活発的な内容になっていたことが印象的でした。

2日間の全日程終了後にはフェアウェルパーティーが行われ、全参加者が交流を深める場となりました。高校生からはサプライズイベントとしてIUJの教授陣・学生に向けて日本語の歌とメッセージカードがプレゼントされ、2日間の研修は感動的な締めくくりとなりました。


今回の研修は同校の生徒のみなさんに異文化理解コミュニケーションを学ぶ機会を持って頂けただけでなく、本学学生にとっても日本の高校生と密に接し交流することのできる貴重な機会となりました。

国際大学は今後も国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的とするスーパーグローバルハイスクールとの連携を通じて、我が国の社会のグローバル化を牽引していきます。