• TOP >
  • NEWS >
  • 「EU, エラスマス+ プログラム」を実施しました

東洋大学

「EU, エラスマス+ プログラム」を実施しました

2018.12.07

エラスマス+ プログラム」は、EU によって組織された「教育・実習・スポーツのためのプログラム」です。ルーマニアの Politehnica University of Timisoara がバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターと連携して 2017 年に申請した「エラスマス+ プログラム」が European Commission, EU に採択され、この度、「エラスマス+ プログラム」を東洋大学とPolitehnica University of Timisoara で実施しました。

 

1. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターにおける「エラスマス+ プログラム」の実施:2018 年 11 月 16 - 22日

 

Politehnica University of Timisoara の教授である Romeo-Florin Susan-Resiga が 「流体力学・流体動力学」の講義を 16 時間行いました。講義題目は以下のとおりです。

 

1. Hydrodynamics of swirling flows: mathematical modelling and experimental investigations
2. Hydrodynamics and cavitation at pump suction: variable speed inducer technique
3. Hemodynamics of helical bypass
4. Magnetic liquids and their practical applications
5. Magnetorheological suspensions and their practical applications

 

235973[1].jpg

Romeo-Florin Susan-Resiga 教授による講義

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター

 

 

学部生・大学院生・ポストドクトラル研究者が、双方向の講義に参加しました。異なる分野(機械、生体医工、電気電子情報、応用化学)の若手研究者が 16 時間にわたる刺激的な哲学講義を満喫しました。

 

2. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターにおける「エラスマス+ プログラム」の実施:2018 年 10 月 7 - 17日

 

Politehnica University of Timisoara のポスト・ドクトラル研究者である Dr Iosif Hulkaに対して、「透過型電子顕微鏡」の「特別実習プログラム」を実施しました。以下のテーマについて集中的に実習を行い、このことが Politehnica University of Timisoara における材料科学の進展および将来の共同研究の実施に大きく寄与することが期待されます。

 

1. TEM investigation techniques (HR-TEM, STEM)
2. Diffraction on TEM
3. EDX elemental analysis and mapping
4. Iron containing carbon onions and magnetic carbon nanostructures/nanotubes TEM investigation and sample preparation for TEM

 

3. Politehnica University of Timisoara における「エラスマス+ プログラム」の実施:2018 年 9 月 9 - 20日

 

森本久雄教授(バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター・副センター長、大学院学際・融合科学研究科、理工学部機械工学科)と仁尾一平主任(研究推進課)が Politehnica University of Timisoara で「エラスマス+ プログラム」を実施しました。

森本教授は、研究者・学生に対して「ナノテクノロジー・ナノ材料」、特に「磁性ナノ粒子および磁性ナノ粒子のバイオ医療応用」に関する講義を行いました(16 時間)。

 

1. Introduction: Properties of nano/micro-structures
2. Activation of enzymes utilising magnetic particles
3. Magnetic nano/micro-particles
4. Self-organisation of magnetic nano/micro-particles
5. Fractal characteristics of self-organised patterns formed by magnetic particles
6. Numerical methods for analysing the structure formation and dynamics of magnetic particles
7. Biological and biomedical applications of magnetic particles

 

仁尾主任は、「東洋大学と EU の大学の連携教育研究プログラム」を円滑に支援するために、Politehnica University of Timisoara の事務局と「EU の事務組織・事務システム」について議論しました。

 

235974[1].jpg

森本教授による講義
Politehnica University of Timisoara

 

235975[1].jpg
森本教授と仁尾主任
Politehnica University of Timisoara
の研究舎・事務局と

 

「エラスマス+ プログラム」の採択・実施を記念して、9 月 12 日に国際ワークショップが開催され、前川教授と森本教授が基調講演を行いました。

 

T. Maekawa, Creation of novel nano materials and their application to biomedical studies, Workshop on "New opportunities for interdisciplinary research in bio-nano science", Politehnica University of Timisoara (2018), Timisoara, Romania.

H. Morimoto, Activation of enzymes utilising magnetic particles, Workshop on "New opportunities for interdisciplinary research in bio-nano science", Politehnica University of Timisoara (2018), Timisoara, Romania.

 

 

235977[1].jpg235978[1].jpg

 

 

235980[1].jpg

前川・森本教授による基調講演

および懇親会
International "Erasmus+ Workshop"


4. 今後の予定

「エラスマス+ プログラム」の一環として、Politehnica University of Timisoara の博士課程の学生である Ms Maria-Iulia Bejenarius が来日し、2018 年 12 月 17 日から 2019 年 3 月 19 日の間、バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターで共同研究を実施します。研究題目は「Dynamic patterns formed by magnetic nanoparticles in a 3-dimendional magnetic field」です。

 


 


Erasmus+ Programme

Politehnica University of Timisoara

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
http://bionano.toyo.ac.jp/JPN/indexpage.html

大学院学際・融合科学研究科
Brochure for Graduate School of Interdisciplinary New Science.pdf
Achievements.pdf