• TOP >
  • NEWS >
  • THE大学インパクトランキング2020 SDGs 3項目で国内1位!総合4位!

広島大学

THE大学インパクトランキング2020 SDGs 3項目で国内1位!総合4位!

2020.05.26

イギリスの高等教育専門誌Times Higher Educationが4月22日、

THE大学インパクトランキング2020bg_text1.png」を発表しました。

広島大学は、SDG4(質の高い教育をみんなに)と

SDG6(安全な水とトイレを世界中に)、

SDG11(住み続けられるまちづくりを)の3項目でいずれも国内1位。総合スコアでも北海道大学、東京大学、東北大学に次ぐ4位となりました。

 

THE大学インパクトランキングは、国連のSDGs(持続可能な開発目標)の枠組みを

用いて、大学の社会貢献の取り組みを可視化するランキングです。2回目の今年は、世界766大学、国内63大学が対象となりました。

SDGs別でみた広島大学の国内ランキングは、1位になった3項目のほか、

SDG16(平和と公正をすべての人に)が2位、SDG10(人や国の不平等をなくそう)と

SDG12(つくる責任つかう責任)が各3位、SDG3(すべての人に健康と福祉を)が

4位、SDG17(パートナーシップで目標を達成しよう)が5位、SDG9(産業と技術革新の基盤をつくろう)が7位、SDG5(ジェンダー平等を実現しよう)が9位にランクインしました。

世界ランキングでみると、広島大学はSDG6(安全な水とトイレを世界中に)が

20位、SDG9(産業と技術革新の基盤をつくろう)が52位、SDG12(つくる責任つかう責任)が60位、

SDG11(住み続けられるまちづくりを)が65位、SDG3(すべての人に健康と福祉を)が98位と、

SDGs17項目のうち5項目で世界トップ100入りしました。

広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS) では、学内におけるSDGsの取り組みに関する情報を集約し、ホームページやレポートを通じて社会に発信しており今後もこの活動を拡充してまいります。広島大学はSDGs達成に向けて、研究・教育・ 社会貢献のあらゆる面で更なる貢献を果たしてまいります。

 

【参考:広島大学で最初のSDGs報告書:『NERPS Report 2018-2019』】