• TOP >
  • NEWS >
  • 鹿田会館(旧生化学棟)講堂の竣工式を実施

岡山大学

鹿田会館(旧生化学棟)講堂の竣工式を実施

2020.09.16

9641_image_1.jpg

 

 今年度創立150周年を迎えた岡山大学医学部の記念事業の一環として進めていた、鹿田会館(旧生化学棟)講堂の改修工事が完了し、9月14日に竣工式を行いました。
 この度の改修工事により、179席の最新チェアーを設置、椅子を追加することで約230人の収容が可能となります。また、最新の高精度レクチャーシステムを導入した一方で黒板と黒板枠などの一部は以前のものを残し、最新鋭の講堂にありながら、歴史と伝統との融合を図る講堂にリニューアルされました。
 新型コロナウイルス感染症の影響で、記念式典など多くの事業が延期され、本式典も関係者のみの開催となりました。淺沼幹人医学部長は、「隣接するJunko Fukutakeホールとの連携運用を実施し、岡山からの情報発信、地域連携の機能強化に期待している」とあいさつしました。また、ご寄付いただきました多くの皆様に対する謝辞も述べました。
 竣工式の後、こけら落としとして医学系会議を同講堂で開催し、新講堂の運用を開始しました。
 鹿田会館(旧生化学棟)は、第二代学長の清水多榮先生の多大なるご尽力により、1932年に竣工した旧岡山医科大学時代の歴史的建造物です。

○医学部創立150周年記念事業HPはこちら

【本件問い合わせ先】
 大学院医歯薬学総合研究科等総務課総務担当 (TEL:086-235-7004)

 

9641_image_2_2.png 9641_image_3.jpg d.png