• TOP >
  • NEWS >
  • 【東北大学Be Global プロジェクト】東北大生と海外協定校の学生がオンラインで交流するイベントを開催しました

東北大学

【東北大学Be Global プロジェクト】東北大生と海外協定校の学生がオンラインで交流するイベントを開催しました

2020.11.18

 2020 年 10 月 17 日 (土) 及び 18 日 (日) に、東北大学 Be Global プロジェクトの一環として「Tohoku Global Campus Project」をオンラインにて開催しました。
本イベントは、東北大学グローバルキャンパスサポーター (GCS) の学生スタッフにより企画・運営され、当日は TUSTEM 及び留学経験のある東北大生数名も運営に加わりました。

 このプロジェクトでは、東北大生・海外協定校学生双方の留学意欲を向上させることを目的とし、両学生が交流できるオンラインイベントを 4 ヵ月にわたり開催します。交換留学を考えている学生対象の「留学準備コース」と、国際交流や留学に興味がある学生対象の「国際交流コース」の 2 コースを用意しており、全 7 回のイベントを予定しています。

 今回は両コースとも初回のイベントとなりましたが、17 日開催の国際交流コースには東北大生 13 名と協定校学生 10 名が、18 日開催の留学準備コースには東北大生 3 名と協定校学生が 4 名がそれぞれ参加しました。
国際交流コースでは、トピックを "Club activities in Japan" とし、イベント前半に司会から日本の部活やサークルについて紹介がありました。その後参加者は 8 グループに分かれ、お互いの国の部活事情やその他大学生活に関すること等について情報交換し、学生同士の交流を深めました。
留学準備コースでは、イベント前半に東北大でのキャンパスライフや仙台での暮らしを紹介するプレゼンテーションを行い、後半は 3 グループに分かれてお互いの大学について情報交換し合いました。

 イベント終了後の参加者アンケートでは、「東北大生と情報共有できて良かった」「新しい人と出会えて楽しかった」(協定校学生)、「他の国と日本の違いを知ることができてとても楽しかった」「もっと英語を頑張ろうと思った」(東北大生) など前向きな意見が寄せられ、参加者の多くから高い満足度を得ることができました。

 今回のイベントの参加者の中には、新型コロナウイルスの感染拡大により予定していた留学が中止・延期となってしまった学生が複数名いました。このような困難な状況下ではどうしても「できないこと」に意識が向いてしまいがちですが、「今だからこそできること」に目を向け今回のようなイベントに参加してくれた学生が多かったことは、企画した我々としても嬉しく思います。今後も引き続き、オンラインで学生同士の交流を深める機会を提供していきます。

 

 

TGCP_Oct_Photo1.jpg

 

留学準備コース.jpg

留学準備コース

 

国際交流コース.jpg

国際交流コース