• TOP >
  • NEWS >
  • 岡山イノベーションコンテスト2021グランプリ受賞等を学長へ報告

岡山大学

岡山イノベーションコンテスト2021グランプリ受賞等を学長へ報告

教育

学生活動

受賞・表彰

2021.12.09

 

10724_image_3.jpg

 

 11月27日に開催された岡山イノベーションコンテスト2021において、グランプリなどの各賞を受賞した起業家たちが、槇野博史学長らに受賞を報告しました。

 そなえ株式会社の正野隆士代表取締役社長、森三貴子さん、岡山大学病院の牧尉太助教(そなえ社アドバイザー)が11月30日、学長室を訪れグランプリ受賞を報告しました。
 懇談で槇野学長は「岡大発のベンチャーが受賞してとてもうれしい、プランの信頼度も高く具体的でいい提案だった。今回を機にもっと発展させていってください」とたたえました。母子健康手帳のデジタイズを提案した森さんは「緊張したが、出産の実体験を踏まえた提案ができた」と振り返り、牧助教は「母子健康手帳の情報は、子どもが成長しても重要な情報であり、母子に関わる情報を有益に活用できるシステムにしていきたい」と意気込みを語りました。

 12月7日には、ビジネスプラン部門大学・専門学校生の部で大賞を受賞した吉田裕哉さん(工学部4年)とMASC賞を受賞した長島慶樹さん(大学院自然科学研究科1年)が受賞報告。
 吉田さんは「大舞台でプレゼンできる機会を得られいい経験をした。面接図鑑はベンチャー企業のサービスとして経済学部生と二人で開発を進めている。卒業して就職後も、引き続きプランを続けていきたい」、長島さんは「既にノーコードによるサービス提供を開始している。最初は赤字覚悟で事業を拡大して上場を目指し、岡山大学発のスタートアップ企業として幅広い業界の課題解決に取り組んでいきたい」と、今後の抱負を語りました。
 槇野学長は「学生がアントレナーシップを発揮してくれていることをうれしく思う。今後も仲間を増やし切磋琢磨してください」とエールを送りました。また、就職だけではないキャリアプランなど後輩にメッセージを発してほしいと期待を寄せました。

受賞者の各プランは、こちらのニュースをご覧ください。
そなえ株式会社のウェブサイトはこちら
吉田さんの面接図鑑のウェブサイトはこちら
長島さんが代表取締役CEOを務める株式会社TechSwordのウェブサイトはこちら

【本件問い合わせ先】
 岡山大学総務・企画部 広報課 (TEL:086-251-7013)

 

10724_image_1.jpg 10724_image_2.jpg 10724_image_4.jpg