• TOP >
  • NEWS >
  • 「『北京大学桜』は永遠に―創価大学と北京大学の学術交流40年史」が出版されました

創価大学

「『北京大学桜』は永遠に―創価大学と北京大学の学術交流40年史」が出版されました

大学連携

教育

2021.12.20

この度、本学と北京大学との交流40年を記念し、書籍「『北京大学桜』は永遠に」が、全編日本語、中国語の2言語対訳で出版されました。

北京大学では、「北京大学人文社会科学戦略発展基金プロジェクト」の一環として「北京大学対外交流・協力史(1898-2018)」の調査を行っており、同大学国際関係学院の孔寒氷教授が日本で最初の交流大学である本学との交流史の調査を担当しました。この調査結果をもとに、孔寒氷教授が執筆した原稿を北京大学国際合作部と本学国際部が共同で出版したものです。

本書は、第1部で40年間にわたる両大学の交流実績について述べられ、第2部では本学の田代康則理事長、馬場善久学長など関係者のインタビュー、第3部では北京大学からの交換教員や本学からの交換留学生等の回想が収められ、史実と証言をとおし両大学の交流の全容を明らかにしています。