• TOP >
  • NEWS >
  • 「学生イノベーションチャレンジ推進プロジェクト」で「岡山大学観光DX推進グループ」がグランプリを受賞!

岡山大学

「学生イノベーションチャレンジ推進プロジェクト」で「岡山大学観光DX推進グループ」がグランプリを受賞!

学生活動

受賞・表彰

2022.03.14

11001_image_1.jpg

 

 2月19日、岡山市が主催する「学生イノベーションチャレンジ推進プロジェクト(令和3年度)」のソログループ部門で、本学学生らで構成する「岡山大学観光DX推進グループ」がグランプリを受賞しました。
 「岡山大学観光DX推進グループ」は、中澤拓也さん(経済学部4年)、宮本大輝さん(大学院自然科学研究科(博士前期)1年)、疋田智矢さん(工学部4年)、池坂和真さん(同4年)、川田優太さん(工学部3年)の学生5人で構成するグループで、学術研究院社会文化科学学域の西田陽介教授が団体代表を務めています。
 本グループは、人々の趣味や嗜好などのデータ情報を用いて、個人や団体、状況に応じて最適な観光地・観光ルートをアプリで提案する「観光の個別最適化アプリ」を企画しました。
 「観光の満足度UP」や「訪れたことがない/普段行かないけれども観光客にマッチする可能性が高い観光地を訪れる機会の提供」が可能となり、地域の活性化や魅力の再発見を促進できることが期待されます。
 受賞を受け、中澤さんは「この度は、学生イノベーションチャレンジ推進プロジェクトにおいてグランプリを頂き大変嬉しく感じております。同時に、関係者の皆様方に深く感謝申し上げます。今後も引き続きアプリ開発を進め、地域の活性化に貢献できるようにメンバー一同頑張って参ります。」とコメントしています。

学生イノベーションチャレンジ推進プロジェクト

大学生が、企業や地域、NPO等と協働して、若者ならではの柔軟なアイデアの提案・実践によって地域課題の解決や、大学で学んだスキルを活用した起業へのチャレンジ等に取り組む活動に対し補助金を交付して支援する、岡山市主催のプロジェクト。


【本件お問い合わせ先】
 学術研究院社会文化科学学域 教授 西田 陽介 (TEL:086-251-7524)