• TOP >
  • NEWS >
  • 中国の学生を対象にオンライン日本研修プログラムを実施

岡山大学

中国の学生を対象にオンライン日本研修プログラムを実施

大学連携

教育

産学連携

2022.04.04

11109_image_1.png

 本学は3月22日~24日の3日間、(公益社団法人)おかやま観光コンベンション協会の協力により、中国現地の学生と岡山後楽園、倉敷美観地区等を繋ぎ、オンライン日本研修プログラムを実施しました。
 本プログラムは、2021年10月29日に国立六大学(千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、長崎大学、熊本大学)の共催によりオンラインで開催した「第七回岡山杯日本語スピーチコンテスト」のスピーチ部門、朗読部門で最優秀賞を受賞した学生を対象に企画。当初は1週間にわたって岡山大学およびその近隣で日本文化や日本語を学ぶ研修旅行を行う予定でしたが、新型コロナウィルス感染症の影響が続いていることから、オンラインに切り替えるとともに、岡山の風土や文化を学ぶ1日目、2日目のプログラムには、岡山大学に入学した後も渡日できず中国で授業を受けていた大学院予備教育特別コース(通称:プレマスターコース)の学生も参加しました。
 1日目の「岡山紹介~岡山城・後楽園VR観光~岡山謎解きクイズ」では、宇喜多秀家に扮した戦国武将隊のメンバー等が後楽園と岡山名物を紹介。お抹茶VR体験や、グループに分かれて岡山にちなんだ謎解きに挑戦するクイズセッション等が行われました。
 2日目の「倉敷美観地区紹介~人力車に乗ってVR観光」では、倉敷小町の渡邊紗千さん(岡山大学法学部2年生)が、美観地区を走行する人力車からの映像に合わせ、倉敷の魅力や見所を紹介しました。参加した学生からは「岡山の歴史や文化、名産品等を歴史上の人物を演じながら解説してくれて面白かった。」「実際に倉敷美観地区に行った気分になれました。」等の声が寄せられました。
 3日目のプログラムでは、スピーチコンテスト最優秀賞受賞学生と本学のグローバル人材育成特別コースの日本人学生が交流。お互いの国の行ってみたい場所や興味のある文化、若者の間で使われている流行語等について、和やかな雰囲気の中で日本語での会話を楽しみました。またプログラムの最後には、実際の日本語の授業を体験する時間が設けられ、グローバル人材育成院の毛利准教授と難波講師の指導により、参加学生から希望のあった日本企業の就職面接試験を想定した内容で、実践的な授業が行われました。
 本学は今後も、中国との学術交流を促進し、日中友好の架け橋となる人材を育成していきます。
 

【本件問い合わせ】
 国際部国際企画課 (TEL:086-251-7036)

11109_image_2.png   1.png   2.png