• TOP >
  • NEWS >
  • 令和4年度OUフェローシップ認定証授与式を挙行

岡山大学

令和4年度OUフェローシップ認定証授与式を挙行

教育

研究

受賞・表彰

2022.04.28

 本学は4月28日、令和4年度「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ」(通称:OUフェローシップ)の認定証授与式を行いました。
 OUフェローシップは、認定者に対し、フェローシップ(研究奨学金)として研究費(年間40万円~110万円)・生活費相当の支援金(年間180万円)を支給するとともに、さまざまな取り組みで研究力向上とキャリアパス確保を支援する制度です。
 本学は、令和3年2月、文部科学省「科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業」の採択を受け、同制度を創設。その後、令和3年9月にJST「次世代研究者挑戦的研究プログラム」にも採択されました。
 令和4年度分の認定者については、令和3年9月から10月にかけて募集し、書面審査及び面接審査の結果、応募者延べ77人の中から新規に26人を選定しました。
 式には、オンラインを含め認定者全員が出席。槇野博史学長は代表者に認定証を授与し、「本学では大学院博士後期・博士課程の学生のみなさんを研究者の一員とみなし、挑戦的研究に取り組めるように研究環境を整備する。この環境を活用するとともに、多くの仲間と切磋琢磨し、『主体的に変容し続ける魅力的な先駆者』に成長していただきたい」とあいさつしました。
 式終了後には、2グループに分かれ、車座での意見交換会を開催。認定者の研究面でのメンター(助言者)である大塚愛二・研究推進機構特任教授、キャリア面でのメンターである町田尚史・教育推進機構准教授によるファシリテートのもと、槇野学長も輪に加わって、各自が自分自身や研究について1分間でプレゼンテーションする「フラッシュ・トーク」を実施し、互いの交流を深めました。

○令和5年度分OUフェローシップ認定者については、令和4年10月ごろに公募する予定です。なお、令和4年度から、OUフェローシップ認定者については、授業料免除の対象となりました。
制度の詳細についてはこちらをご覧ください。

【本件問い合わせ先】
 研究協力部研究協力課(OUフェローシップ事務局)
 TEL:086-251-8462
 E-mail:ou-fellowship◎adm.okayama-u.ac.jp
 ※@を◎に置き換えています。

 

1.png  11177_image_2.jpg  2.png