北海道大学

企業の⼈事担当者から⾒た⼤学イメージ調査、北⼤が総合1位に(⽇経・日経HR調査)

2020.06.09

nitobe20191207_270.jpg

令和元年度 新渡戸学(フェローゼミ)全体発表会の様子

 

 

令和2年6月、株式会社日経HRと日本経済新聞社が実施した「企業の人事担当者から見た大学イメージ」調査において、北海道大学が初めてランキング総合1位となりました。

評価の指標となる「行動力」「対人力」「知力・学力」「独創性」の4つの側面のうち、「行動力」「対人力」で1位、「独創性」で2位でした。

詳細はこちらをご覧ください。

 

なお、本学では、豊かな人間性と国際性をはぐくむため、特別教育プログラム「新渡戸カレッジ」を平成25年に創設し、8年目を迎えました。新渡戸カレッジの特徴の一つとして、すでに社会で活躍されている国際経験豊かな本学同窓生に、カレッジ副校長やフェローとして協力いただき、現代社会の諸問題をフィールドワークに基づいて、チームでの課題および解決策を話し合う「フェローゼミ」を実施しています(写真)。

国際連盟初代事務次長として活躍した新渡戸稲造のように、幅広い分野にわたって、高い精神性と異文化理解、コミュニケーション能力を身につけたグローバル人材を数多く輩出することを本学の使命としています。