起業家育成のサマースクール「Kyoto Startup Summer School 2021」が開催されました。

学生向け

一般向け

2021.10.19

スクリーンショット use.png

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Labでは、2021年8月23日〜29日にかけて、Kyoto Startup Summer School[KS³]2021を開催しました。2016年の開始以来、世界40か国以上から150人以上が参加している同サマースクールは、2020年度は新型コロナウィルス感染症の感染拡大の為、中止されましたが、本年度は、オンライン開催により、イタリア、インド、台湾など18か国より51人が参加されました。

 

同サマースクールでは、多様なモジュール式のプログラム(ワークショップ、レクチャー、パネルディスカッションや交流会など)を通して、世界各国のスタートアップ領域で活動する著名な起業家、実務家、ベンチャーキャピタリスト、研究者たちから、スタートアップに関連するさまざまな内容を一週間かけて学ぶことができるプログラムとなっており、スタートアップ文化の創造から、ビジネスアイデアを導くヒントやプロトタイピングのワークショップ、資金調達やクラウドファンディングの立ち上げ方、学生起業の課題と可能性など実に多彩な内容を、本学のSUSHI SUZUKI准教授を中心に25のセッションが行われました。

 

全く未経験の参加者でも理解が得られるよう工夫がなされており、「世界をより良くしようとしている人たちが沢山いるという事実は、私が一歩を踏み出すための励みになりました」といった、ポジティブな感想が多数聞かれました。