京都工芸繊維大学

古山学長がチェンマイ大学で建築学名誉博士号を受賞しました

2018.02.19

平成30年1月23日(火)に、タイ王国シリントーン王女殿下ご臨席のもとチェンマイ大学コンベンションセンターで開催されたチェンマイ大学第52回卒業式典において、本学古山正雄学長が建築学名誉博士号を受賞しました。同大学とは平成17年にはじまる両校の学術交流協定を契機に、学生交流、学術会議をおこなっており、建築分野では平成23年以降年2回ワークショップを行うなど、教育活動において著しい成果を挙げてきました。

さらに平成29年には、両校により国際通用性のある高度国際専門職(建築家・技術者・研究者)を育成・輩出する「京都工芸繊維大学・チェンマイ大学国際連携建築学専攻」を開講しました。これらの成果が評価され、受賞に結びつきました。

また、古山学長は、建築学部卒業式典(平成30年1月21日(日))にも出席し卒業生に向けて「芸術と科学」をテーマに講演を行いました。

王女殿下から名誉博士号を受賞する古山学長

「芸術と科学」を講演する古山学長