京都工芸繊維大学

株式会社SCREENホールディングスと包括技術交流に関する協定を締結

2020.10.07

本学は、2020年6月18日に、株式会社SCREENホールディングスと包括技術交流に関する協定を締結しました。

株式会社SCREENホールディングスは、1868年に創業した「石田旭山印刷所(現:株式会社写真化学)」の研究部門から独立し、1943年に設立。独自のコア技術を応用展開し、半導体製造装置、グラフィックアーツ機器、ディスプレイ製造装置および成膜装置、プリント基板関連機器の各事業において、数々の世界トップシェア製品を有するメーカーです。常に時代のニーズに応え、最先端のソリューションで新たな分野を切り拓くグローバル企業として成長を続けています。

本協定は、本学の教員と株式会社SCREENホールディングスの従業員が、積極的かつ有効的な技術の包括交流の促進により、双方の研究・技術発展を図ることを目的に、「技術交流事項」について定めたものです。

本学と株式会社SCREENホールディングスの交流により、お互いの持つ技術や知見を融合・実装させ、地域社会の課題解決を目指します。また、技術者の交流を活発化させ、相互のレベルアップを図ります。

共に京都で誕生し、長い歴史を持つ企業と大学が、伝統を重んじながらも時代の変化に柔軟に対応していき、長期的に本協定を発展させていきます。

【本件問い合わせ先】
京都工芸繊維大学 産学・地域連携課
Tel:075-724-7035 E-mail:sangaku@jim.kit.ac.jp
プレスリリース
本記事のプレスリリース(PDF)