外国人留学生らがコープこうべと連携 食品ロス削減をテーマにクッキングイベント(6/26 開催)

2019.06.20

6月26日(水) 18:00~19:30  ACTA西宮内コープ北口食彩館で

西学院大学の学生団体・GS Network(※)が6月26日(水)、生活協同組合コープこうべと連携し、ACTA西宮内コープ北口食彩館(西宮市北口町1番)の組合員集会室で、「食品ロス削減(フードロス)」をテーマにクッキングイベントを行います。イベントを通じて、コープこうべの環境への取り組みや、日本の食材への理解を深めます。

 このクッキングイベントには、約30名の学生と、約10人の外国人留学生が参加する予定です。コープこうべから無償で提供される食材を使用し、たこ焼きや水餃子を調理します。参加者は食事をしながら、各国の食品ロスの現状や今後自分たちが取り組むべきことなどを語り合います。

 GS Network代表をつとめる竹田未来さん(人間福祉学部3年生)は「余った食材の活用方法を模索しながらクッキングを楽しんでもらい、今後の日常生活での食意識や食への行動の変革につなげて欲しい。また留学生との交流を通じて、自分だけでは思いつかない意見や各国の事情など、新たな発見ができることが楽しみ」と話しています。

(※)GS Networkは、日本人学生と海外協定校から来日した外国人留学生の交流促進を行うため、年間を通して、国際交流イベントを企画・運営する関西学院大学国際教育・協力センター公認の学生団体です。