関西学院大学

国連アジア太平洋経済社会委員会とのインターンシップ協定締結

2020.09.30

◆国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)と関西学院大学とのインターンシップ協定締結について◆

国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)と関西学院大学は、7月9日にインターンシップに関する協定を締結しました。本協定は、関西学院大学の大学院副専攻「国連・外交コース」で学ぶ学生の国際的なインターンシップ先の一つとして、ESCAPが条件を満たした学生を年間5名までインターンとして受け入れる枠組みを取り決めたものです。

アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)は1947年に設立され、包摂的かつ持続可能な開発を達成するために、各国間の協力を促進する国連の地域ハブとして活動しており、53加盟国および9準加盟メンバーから構成される地域において、最大の政府間プラットフォームです。

ESCAPとのインターンシップに関する協定は、日本の大学では初となります。


関西学院大学 村田 治 学長 コメント

関西学院大学は、「スクールモットー"Mastery for Service(奉仕のための練達)"を体現する世界市民の育成」というミッションのもと、これまでも国連・国際機関などと連携しながら実践的なグローバル人材育成のための教育を行ってきました。これらの実績に基づき、2017年4月にスーパーグローバル大学の事業の一つとして大学院副専攻「国連・外交コース」を設置しました。このコースでは学生が将来に向けて国連・国際機関等での実践経験を積む機会を提供するためインターンシップを必修としており、これまで19名の学生を国内外の国連・国際機関等に派遣しています。ESCAPにはこれまでに2名の学生を派遣しました。 今回のESCAPとのインターンシップに関する協定締結は、前ESCAP事務局次長であり国連・外交関連プログラム室室長の村田俊一総合政策学部教授のご尽力により実現しました。日本の大学として初めてESCAPとインターンシップ協定を締結することを大変光栄に感じております。今回の協定締結によりESCAPへのインターンシップがさらに促進され、双方の連携がより一層深まることを期待しています。

ESCAPにてインターンシップ参加した学生のレポートは こちら