• TOP >
  • 採択校の取組 >
  • 京都大学 >
  • NEWS >
  • スイスのカシス連邦大統領兼外務大臣による公開講演「Science and Diplomacy to Meet the Challenges of the 21st Century」を開催しました

京都大学

スイスのカシス連邦大統領兼外務大臣による公開講演「Science and Diplomacy to Meet the Challenges of the 21st Century」を開催しました

大学連携

教育

産学連携

SDGs

2022.04.28

 本学では、4月21日にスイスの連邦大統領兼外務大臣であるイグナツィオ・カシス博士(H.E. Dr. Ignazio CASSIS, President and Head of the Federal Department of Foreign Affairs of the Swiss Confederation)を迎え、京都大学百周年時計台記念館にて「Science and Diplomacy to Meet the Challenges of the 21st Century」と題した公開講演を開催しました。会場には、教職員、学生など約250名の参加者が集いました。カシス連邦大統領は、2017年より連邦外務大臣を務め、2022年よりスイスの連邦大統領を務めています。

 講演会は、京都大学欧州拠点所長で、国際担当理事補である横山 美夏 法学研究科教授の司会により進められ、湊 長博総長が挨拶を述べ、カシス連邦大統領より日本とスイスは共に科学とイノベーションの水準が高いことを踏まえ、「Science and Diplomacy to meet the Challenges of the 21st Century」と題し、科学と政治の融合は一般に科学外交として知られており、その科学外交が地球規模課題に対して、どのような役割を果たせるのかについてお話がありました。その後、会場からの質問を受けて、質疑応答が行われました。

 講演後、西谷 祐子 法学研究科教授のモデレーターにより、湊 長博総長、スイス連邦経済・教育・研究省 教育・研究・イノベーション庁長官のマルティナ・ヒラヤマ博士、スイス国立科学財団、国家研究評議会長のマティアス・エッガー博士、チューリヒ大学クリスチャン・シュワルツェネッガー副学長により、日本とスイスの学術連携の意義や、今後、学術連携を拡大するにあたり、産業界はどのような役割を果たせるかが議論され、盛況のうちに閉会となりました。

 

 

220421-3.jpg       220421-1.jpg