長岡技術科学大学

Nagaoka Summer School for Young Engineers(NASSYE)を実施いたしました。

2019.09.11

本学では、海外の大学の第3学年に在籍する学生に対して、短期留学生受入プログラム「Nagaoka Summer School for Young Engineers (NASSYE)」を実施しています。

本プログラムは、本学の研究室での研究および企業見学などを行うことで、日本の技術イノベーション、本学の学修環境、生活環境等を体験させることを目的としています。
今年度は、8月19日(月)から8月30日(金)の12日間にわたり実施し、12か国・17大学からの23名の留学生を受け入れました。受け入れの内訳は以下のとおりです。

 

●機械創造工学専攻:3名(インド1名、タイ1名、ネパール1名)

●電気電子情報工学専攻:5名(マレーシア2名、タイ1名、ベトナム1名、韓国1名)

●物質材料工学専攻:1名(マレーシア1名)

●環境社会基盤工学専攻:2名(ウズベキスタン1名、ロシア1名)

●生物機能工学専攻:2名(マレーシア1名、タイ1名)

●情報・経営システム工学専攻:4名(ウズベキスタン1名、スリランカ1名、ベトナム1名、タイ1名)

●技術科学イノベーション専攻:6名(マレーシア1名、インドネシア1名、ベトナム1名、タイ1、中国1名、トルコ1名)

 

プログラム期間中は、研究室での実験や講義への参加のほか、企業見学や弥彦神社を訪問し、日本の技術や地域の歴史についても理解を深めました。また、文化体験として書家による指導の下、書道を体験し、日本の文化に触れてもらうことが出来ました。

 

01.png 02.png 03.png

左:オリエンテーションの様子、中央:研究室で実験の様子、右:書道体験

 

04.png

修了式