長岡技術科学大学

インド工科大学カラグプール校と学術交流協定を締結しました。

2020.02.17

12月17日(火曜)、18日(水曜)に本学機械創造工学専攻の岡崎教授及び物質材料工学専攻の河原教授がインド工科大学カラグプール校(Indian Institute of Technology Kharagpur (IIT KGP))のスリーマン クマール バッタチャーリャー学長を訪問し、18日(水曜)に学術交流協定を締結しました。協定調印後には、本学や日印の今後の交流を強く望む発言を頂戴しました。


また、調印後の二日間に渡る情報交換セミナーでは、岡崎教授、河原教授、サンタヌ チャッドパッディセイ教授を始めとする同校ゴム研究所研究員約15名を交え、日印の過去の交流実績や現在実施しているプロジェクト等、相互の紹介を行いました。
インド工科大学カラグプール校は、インド国内にある約20校のインド工科大学グループの中で最も古い歴史を持ち、機械工学、生物工学の他、医療工学、農業工学等の幅広い分野で高い研究水準を誇る機関です。
この協定を通じたインド工科大学カラグプール校との教育連携、学生及び教員等の交流が期待されます。

 


インド工科大学カラグプール校校舎

 


協定調印の様子