岡山大学

70周年記念 SDGsシンポジウム「日本経済の持続的発展と内航輸送の高度化」を開催

2019.10.10

04a1f5b7bfe741faed7998752f8fa1d91570682274_1.jpg 10月7日、本学の創立70周年を記念したSGDsシンポジウム、「日本経済の持続的発展と内航輸送の高度化」を創立五十周年記念館で開催しました。業界関係者、研究者、学生など約250人が参加しました。

 開催にあたり、槇野博史学長があいさつし、SDGsを基盤とした大学経営の取り組みについて紹介しました。パネルディスカッションでは、大学院社会文化科学研究科の津守貴行教授がコーディネーターを務め、海事クラスター関係者らがパネリストとして登壇。「内航業界が積極的にSDGsやデジタル化対応を図るべき」、「多数の企業グループが共通のプラットホームを活用することが重要」といった意見が挙がりました。

 シンポジウムでは、内航海運の経済面・環境面での優れた特性が紹介されるとともに、デジタル化に対応した内航船員の働き方改革・経営者の意識改革の必要性が強調されました。 最後は、張星源経済学部長がまとめのあいさつを行い、盛会のうちに終了となりました。

 

 

●内航輸送 国内の港と港を結んで、食料品、日用品、産業基礎資材や石油などの貨物を運ぶ内航海運。

 

 

【本件問い合わせ先】

 総務・企画部社会連携課(TEL:086-251-8491)

 

 

  5c8d27e1aa8a8e30a554e0840683d6131570682361_1.jpg       1268b2d82658f35680eb04c7a45696fc1570682321_2.jpg

 

 

 

img7269_new.jpg