岡山大学

ドイツ・トリーア大学学長らが来学し、槇野学長を表敬訪問

2019.10.28

8849_image_1.jpg ドイツ・トリーア大学のミッシェル・イェッケル学長およびアンドレアス・レーゲルスベルガー言語・文学・メディア学部副学部長が10月15日、本学を訪れ、槇野博史学長を表敬訪問しました。
 トリーア大学はドイツ最古の都市といわれるトリーア市にある大学で、本学の文学部とは、2016年2月に部局間協定を締結しており、毎年2~3人の学生交流を行っています。サステイナビリティやフェアトレードなどSDGsに関する取り組みにも積極的で、ますます交流が発展することが見込まれます。
 また、同日、本学の卒業生でトリーア大学への留学中に事件で亡くなった、綾野睦子さんの御家族が、トリーア大学の学長と面会をしました。睦子さんの御家族は、「今回いろいろなご縁がつながって、学長にお目にかかれたことに感謝します。」と述べました。睦子さんの事件後、トリーアでは記念碑が建立され、通りに睦子さんの名前が付けられるなど、35年以上経っ8849_image_2.jpgた今でも、トリーアの人々に語り継がれています。

 

 

 
【本件問い合わせ先】
 国際部国際企画課(TEL:086-251-7038)