岡山大学

湧永製薬株式会社と包括的連携協定を締結

2020.08.26

9594_image_1.jpg

 

 本学は8月26日、湧永製薬株式会社と包括的連携協力に関する協定を締結しました。
 この日、協定締結にあわせ、同社広島事業所を本学の那須保友理事(研究担当)・副学長が訪問し、同社の湧永寛仁社長と協定書を交換しました。
 湧永製薬株式会社は、医薬品創製から健康補助食品開発までライフサイエンス・ヘルスケア分野における事業を幅広く展開。独自製法による熟成ニンニク抽出液配合の一般用医薬品「キヨーレオピン」シリーズ(海外では「Kyolic」ブランド)が世界50カ国以上で販売されるなど、多数の実績を上げています。
 本協定は、先端的・独創的な研究シーズを多数保有する本学とライフサイエンス・ヘルスケア分野の開発研究で多くの実績を持つ同社が研究・教育面で相互に連携・協力することで、同分野における商品開発のための活動を加速させるとともに、学術研究の発展及び人材育成に寄与することで、世界の人々の健康と福祉の向上に貢献することを目的としています。
 今後は、研究者等の相互交流を核とし、人材育成の推進及び相互支援、双方が有する研究施設・設備の共同利用、共同研究・受託研究等の実施など、ライフサイエンス・ヘルスケア分野を中心とした連携・協力を行っていきます。

【本件問い合わせ先】
 研究協力部研究協力課 (TEL:086-251-8462)