グローバルPBL―タイ・ベトナムの学生と、土木の将来を語る

2021.10.18

稲積 真哉教授(土木工学科)が主催した、グローバルPBL「Roles of civil engineers during/after the COVID-19 pandemics(withコロナ・afterコロナの世界における土木技術者の果たすべき役割)」が、8月23日から8月31日にかけて、オンラインで実施されました。


芝浦工業大学からは土木工学科を中心に49名、中央大学から1名、タイのカセサート大学から29名、アジア工科大学院大学から15名、スラナリー工科大学から20名、そしてベトナムのベトナム国立建設大学から6名の計120名の土木系学生が参加しました。

 

当日は国内外の学生を混ぜた10のグループを作り、ディスカッションを通じて交流を図りました。

 

8-9_プログラムの案内

◆新型コロナウイルスによる変化の必要性と、その具体案の模索


新型コロナウイルスは私たちの生活を一変させました。土木業界も例外なく、変化を迫られています。
稲積教授は今回のグローバルPBLにこれらをテーマとした理由を、「変化の方向性を導くための具体的な技術について、学生の柔らかい頭で考えてほしかった」と語りました。
海外の学生とディスカッションすることにより、お互いの意見の相違に気づいてもらうことで相乗効果を狙いました。


8-9_グローバルPBLの様子
◆一番学んでほしいのは、「いかに相手とコミュニケーションをとるか」

学生は「英語が苦手だが、ついていけるか」と、語学力不足を心配しがちだと、稲積教授は言います。
そんな学生たちに稲積教授はいつも「英語以上に大事なものがある。いかに相手とコミュニケーションをとるか、そういった技法を学んでほしい」と伝えています。
それが、このグローバルPBLにかけた一番の思いです。

8-9_タイの学生とのディスカッション
◆グローバルPBLがきっかけのひとつになってほしい

今回のグローバルPBLの目的のひとつは、同じ志を持った海外の学生との交流を図ることです。
実際にディスカッションを通じて、友達ができたと報告する学生も多く見られました。
より自分自身の可能性を高めるためにも、そのつながりを大切にしていってほしいと稲積教授は話します。
グローバルPBLで何かしらのきっかけを得てほしい。それは土木技術への関心でも、英語の勉強への意欲でも、友達作りの第一歩でも構わない。
「すべての何かしらのきっかけのひとつになれば、と願っています」と、稲積教授は頬を緩ませました。