創価大学

経済学部の佐久間貴之講師の論文が、Wilmott Magazineに掲載されました

2019.02.06

本学経済学部の佐久間貴之講師の論文"Homotopy Analysis Method Applied SABR and XVA"が業界専門誌Willmott Magazineに掲載されました。この専門誌は、ヘッジファンドや投資銀行など世界中の金融機関で働くクオンツに広く読まれていて、この雑誌に掲載されたモデルの多くが実際の金融機関で用いられています。

佐久間講師は「今回の論文掲載を通して、クオンツ業界に創価大学の大学名を少しでも広報でき良かったと思っています。今年4月で、創価大学に勤めて4年目を迎えます。さらに研究と教育に尽力してまいります」と語りました。

以下よりご覧いただけます。

 



 

教員情報

 

専門分野:ファイナンス

研究テーマ:金融リスクの計量化、金融派生商品のプライシング