• TOP >
  • 採択校の取組 >
  • 創価大学 >
  • NEWS >
  • 理工学研究科環境共生工学専攻・博士後期課程の西健斗さん(環境化学工学研究室)らの研究論文が学術誌「Chemosphere」に掲載されました。

創価大学

理工学研究科環境共生工学専攻・博士後期課程の西健斗さん(環境化学工学研究室)らの研究論文が学術誌「Chemosphere」に掲載されました。

教育

研究

学生活動

SDGs

2022.04.16

理工学研究科環境共生工学専攻・博士後期課程の西健斗さん(環境化学工学研究室)らの研究論文「Advanced light-tolerant microalgae-nitrifying bacteria consortia for stable ammonia removal under strong light irradiation using light-shielding hydrogel」が学術誌「Chemosphere」に掲載されました。

 

Scopus収録の本学術誌は、環境工学の分野で上位10%CiteScore)に位置し、国際的に高く評価されています。本研究は、微細藻類と硝化菌を用いた窒素含有廃水処理法を日差しの強い発展途上国(サンベルト地域)に応用するために、光に弱い硝化菌を光から保護する"遮光ゲル担体"を開発し、それを用いて「微細藻類-硝化菌共存系」の耐光性および水処理性能を評価したものです。本研究により、太陽光強度の高い地域へも応用可能で高い処理能力を有する低コストな廃水処理技術を確立しました。

 

西さんは2021年より日本学術振興会の特別研究員として一連の研究を進めており、本論文はその成果です。

 

西さんは、「本論文を執筆するにあたり、共著者である井田教授、秋月講師をはじめ、多くの方々からご指導・ご助力頂きました。関係者の皆様に深く御礼申し上げます。今後も、優れた成果を出せるよう、より一層研究活動に取り組みたいと思います。」と述べました。

 

Nishi, K., Akizuki, S., Toda, T., Matsuyama, T., & Ida, J. (2022) Advanced light-tolerant microalgae-nitrifying bacteria consortia for stable ammonia removal under strong light irradiation using light-shielding hydrogel. Chemosphere, 297: 134252.