創価大学

2022年度9月卒業式を開催―English Medium Program1期生11名が卒業

教育

学生活動

受賞・表彰

2022.09.12

2022年度創価大学・創価女子短期大学9月卒業式が、910日(土)に中央教育棟ディスカバリーホールで行われ、大学院博士後期課程の5名に「博士」、大学院博士前期課程・修士課程の14名に「修士」、法科大学院修了者2名に「法務博士(専門職)」、学部の39名に「学士」、短大の7名に「短期大学士」が授与されました。また、今回初めて、English Medium Program1期生11名が卒業しました。

 

本学では2003年度から通常の3月卒業式にあわせて、9月卒業式を実施しています。今回は本会場では感染防止対策を十分に行い、式典の模様は保護者に向けて、オンラインで配信されました。

 

式典では、冒頭、教育学部・足立広美准教授による「母」の記念演奏が行われ、水元昇短大学長が開式の辞を述べました。続いて、田代康則理事長が創立者・池田大作先生のメッセージを紹介されました。

 

その後、マレーシア出身のイーさん(文学部人間学科)とバディアさん(工学研究科環境共生工学専攻修了生)が代表挨拶を述べました。最後に鈴木将史学長は、「国際紛争、気候変動、コロナウイルスなどの地球規模の問題群が私たちの生活にも直接影響を及ぼし、先行きへの不安が増大しています。だからこそ、これから始まる人生において皆さんは、創価大学で学んだことを土台に、世界の問題に目を向け、解決への方途を探求し続けながら、人類のために貢献する人生を歩んでください」と告辞を述べ、励ましのエールを送りました。

 

2022年度9月卒業式学位授与.jpeg

学位記授与