創価大学

2023年度の「春季新入留学生歓迎会」が開催されました

大学連携

学生活動

2023.04.27

2023年度「春季新入留学生歓迎会」が421日に、キャンパス内のニューロワール食堂で開催されました。アブドゥル・マリク大学、ケラニヤ大学、南洋理工大学、ハバナ大学をはじめ、世界36カ国・地域からの交換留学生等190名が集い、田代康則理事長、鈴木将史学長の他、国際部の教職員らが歓迎しました。


鈴木学長は、「私たち教職員は、皆さんを精一杯サポートすることを約束します。世界各国から集った留学生とともに学びあい、世界市民として各国へと羽ばたかれることを願っています」と述べました。

田代理事長の挨拶に続き、日本式の「カンパイ」の発声をし、それぞれグラスを合わせ、賑やかに懇談しました。


参加した留学生からは、次のような声が寄せられました。


  • 皆さんからの手厚い歓迎を受け、不安が解消されました。まだ、1ヵ月しか経っていませんが、多くの創大生が優しく接してくれ、充実した日々を送っています。留学期間を通して、世界各国の友と思い出を作りたいと思います。(スリランカ出身)
  • 日本に来て一番驚いているのが人の温かさです。どの学生と接しても共通しており、創価大学に来て良かったと心から思います。日本人学生と触れ合う中で、日本の歴史や文化も学びたいと思うようになりました。(ヨルダン出身)
  • 日本語が話せない中ですが、多くの仲間が助けてくれます。自分のことだけでなく、人のために行動する学生の優しさに感動しています。また、学習施設などの教育環境も充実しており、毎日が楽しいです。(エチオピア出身)
  • 皆さんが盛大に歓迎をしてくださり、アットホームな環境に安心して学べています。卒業後は、日本で働きたいと考えています。日本の文化や歴史、言語などを学び、力をつけていきたいと思います。(インドネシア出身)