• TOP >
  • 採択校の取組 >
  • 東北大学 >
  • NEWS >
  • 第二回 東北大学グローバルイニシアティブ構想諮問会議(国際アドバイザリーボード)を実施しました

東北大学

第二回 東北大学グローバルイニシアティブ構想諮問会議(国際アドバイザリーボード)を実施しました

2019.10.31

 東北大学では、2014年度に採択されたスーパーグローバル大学創成支援「東北大学グローバルイニシアティブ構想」において、外部評価及び総長のトップダウンの意思決定を助けるための諮問機関として、海外の有識者を委員とする「東北大学グローバルイニシアティブ構想諮問会議」(国際アドバイザリーボード)を設置しており、このたび2019年10月3日(木)および4日(金)に第2回諮問会議を仙台で開催しました。

 

 当日は、国内外の大学と産業界の有識者9名の委員(委員長:マイケル・アーサーUCL学長)が出席し、教育・研究・ガバナンスの国際化に関する本学の進捗状況について、総長ならびに担当理事等より説明と意見交換や教育研究現場のサイトビジットを行ったのち、各委員より本学国際化の更なる発展のための様々な助言をいただきました。

 

 本学では、当日の議論や助言を踏まえて報告書を作成するとともに、今後の様々な活動等に反映して参ります。

 

東北大学グローバルイニシアティブ構想諮問会議(国際アドバイザリーボード)集合写真.jpg

東北大学グローバルイニシアティブ構想諮問会議(国際アドバイザリーボード)集合写真