東北大学

ウクライナから避難したご家族を受け入れました

2022.05.13

 東北大学では令和4年4月に国際サポートセンターを設置し、外国人研究者や留学生の来日にかかる各種手続を一元的かつ包括的に支援しています。

 

 このたびのロシアによるウクライナ侵攻を受け、本学関係者のほか、学習や研究の継続が困難な状況にある学生・研究者等にも広く支援を行うため、国際サポートセンターの活動範囲を拡大し、ウクライナ支援専用ウェブページを立ち上げました。

 

 既に複数の照会を受け、支援を必要とされる方々の状況・ご希望を伺いながら、具体的な支援を提案しているところです。

 

 今回その支援のもとに、ウクライナから避難した本学研究者のご家族を仙台に受け入れました。

 

 この受け入れに際し、渡航手続きから仙台での生活に至るまでサポートを行い、経済的には渡航費支援、住居の無償提供を行っております。今後も安心して仙台で生活できるようソフト面でも国際サポートセンターが支援して参ります。

 

 これらの支援には、東北大学基金(ウクライナ支援募金)を活用しております。

 

ウクライナ.jpg

ご家族にはウクライナカラーのお花を贈りました