東京大学

MIRAIセミナー2018開催報告

2018.11.21

10月10日(水)安田講堂においてSustainable Social System and Technology for Ageing Societyをテーマとした第2回MIRAIセミナーが開催され、開会式では松尾清一名古屋大学総長、Torbjörn von Schantzルンド大学学長、山脇良雄文部科学審議官、Magnus Robach駐日スウェーデン全権特命大使、五神真総長が挨拶をしました。

 MIRAIプロジェクトは、本学が加盟するスウェーデン7大学、日本8大学をメンバーとする大学間連携のプロジェクトであり、日瑞の学術交流・連携の更なる発展を目指し、年に一度、日瑞のメンバー大学が一堂に会しセミナーを実施するものです。加えて、本年は日本・スウェーデン外交関係樹立150周年を迎える節目にあたり、開会式後に、山脇良雄文部科学審議官とMagnus Robach大使による両国の科学技術協力強化に関する文部科学省、スウェーデン教育研究所(MER)及び起業イノベーション省(MEI)による共同文書の署名式が執り行われました。リンショーピン大学Anders Ynnerman教授と名古屋大学・天野浩教授の基調講演後に、各大学の若手研究者代表や両国各ファンディング・エージェンシー代表によるパネルディスカッションが行われました。参加大学の学長、理事・副学長、教職員、研究者、学生、一般参加者等、約250名が参加しました。


五神総長による挨拶

 



2018年MIRAIセミナー