東京大学

「Global Fellow」の称号制度がスタートします

2021.03.25

東京大学では、ポストコロナ時代の先導的モデルの一つとして、外国に在住している海外大学の教員が、その外国の居住地に滞在しながら、本学の教員としてリモートで教育研究活動に参画できる制度を検討してきました。

この度、「部局における教育研究活動に対して助言若しくは支援等を委嘱された者のうち外国の大学または研究機関に所属する教員または研究者であって、顕著な業績を有し、本学のグローバルな教育研究活動の推進に資すると認められる者」に対し、令和3年4月1日より「Global Fellow」の称号を付与することが可能となりました。

この「Global Fellow」の称号制度により、教員等の物理的移動を伴わずに、海外から世界最先端の教育・研究を取り入れ、本学の教育・研究を充実させることが可能となります。具体的な活動としては、「講義の実施及び単位付与」、「学生への教育研究指導」、「研究セミナー等への参加」、「科研費その他の研究費申請、研究活動」などが挙げられます。この制度によって、世界第一線の教員、研究者をリモート(デジタル)で結集し、本学が世界最先端の教育・研究を展開していく手段の一つとして活用していきます。

400157188.jpg